家族葬を故人様の自宅で行う場合

家族葬を行うにあたって、近年では斎場で行うことが主流です。葬儀会社のプランにおいても、各種告別式とお通夜をセットにして、斎場で行うプランを用意している会社も多いです。しかし、故人様が生前に、火葬までの時間を自宅で過ごしたいと考えることもあります。その場合には、プランにかかわらず、自宅で告別式をする方もいます。特に、親族のみが参列するので、部屋の広さをふまえて理解が得られやすくなります。

ただし、部屋の確保の問題があります。まず故人様を納める柩および祭壇を納めるスペースが必要となります。参列者様の人数によっては、六畳一間のスペースのみでは、人数が10人を増えると入りきることができませんし、焼香をする際にも窮屈になります。僧侶が来る場合でも、控室が必要となるでしょう。精進落としをする時間を設ける際も、その部屋の用意が必要です。

また、賃貸物件で家族葬をするにあたっての注意点を紹介します。賃貸物件では、何よりも家主の許可をとらないと、家族葬そのものができませんので、あらかじめ確認をとってください。霊柩車の出入りや参列者の駐車スペースの問題からすると、難色を示されることもあるので注意をしなければなりません。階段の昇り降りが必要な場合もありますが、特に、自宅に遺体を搬送する際や、火葬場に異動する際にはそのスペースを確認することが必要です。エレベーターを含めてあまりに狭いと、各種搬送をする際に不便です。

生前の意向や参列者様の負担を考慮し、家族葬を自宅で行いたいと考えている人もいます。遺体の搬送や参列者の出入りなどを前もって確認しておかないと、葬儀の運営だけではなく、近隣住人に対して負担を強いることになるので、注意するようにしましょう。