家族葬は気を遣わない葬儀形態

家族葬に来られる方についてですが、親族はもちろん、故人様と親しく、家族とも面識がある方のみが参列します。そのため、受付をする際にも知らない人はいないので、喪主や親族からの立場としては、気持ちが楽になります。一般葬の場合には、参列者様に御香典返しを渡すことや、会葬礼状を送ることが風習ですが、家族葬においては、これらを省くこともできます。

さらに、御香典や弔問も辞退することができます。葬儀後には御香典返しの手続きをするにあたって、品物を選ぶことから発送の手続きまでを行わなくてはなりません。近年では、大手百貨店や大手スーパーなどで、商品が整い次第、のしなどを用意してもらい、全国対応で発送してもらうことができます。

しかし、価値観の問題においてですが、シンプルに故人様の供養と最期のお別れだけを求めている親族の方もいます。その方からすると、御香典返しは負担ととらえられかねません。特に一般葬においては、これらのやり取りを省くことは難しいです。その点、家族葬の場合は、煩雑な手間を省くことができますし、事情を説明すれば、理解が得られやすくなります。一昔前なら、何をするにおいても派手に振る舞うことが当たり前でした。しかし、近年では効率よく、費用をかけないで行うことが求められている風潮であり、お葬式も例外ではありません。

気を遣わないでできる葬儀形態である家族葬は、今の時代の風潮に合ったシステムです。しかし、周囲の方への配慮・説明をシンプルにしすぎるとトラブルになることもあるので注意が必要です。