介護が必要なご家族のいる家庭で家族葬が選ばれる理由

家族葬を火葬式、直葬で行われる方においては、もちろん一般葬で行うことが理想と考えられている方も多いでしょう。しかし、費用面での問題、親族及び知人が少なく、多くの参列者が見込めない、盛大に行う必要が無いと考えている家族がいるなど、それぞれに事情はあります。

近年家族葬をあげる理由の一つとしては、家族に介護が必要な状態にある方がいると相応の費用がかかることがあります。故人が亡くなる前に介護が必要な状態にあった場合、現在においても家族の介護をされている方もいると、そちらの支払いのことも考慮しなければなりません。その場合には、各種準備や葬儀会社との打ち合わせに時間を充てることは難しいです。

また価値観からしても、故人が生前介護が必要となっていた場合には、介護施設入所及び各種用具を揃えるにあたって、高額な費用が発生します。そういったことが要因となり、家族葬が増えてきたのではないでしょうか。しかし、それらの要因においても、親族間で付き合いがある方には理解しやすいですが、遠方にいる方などで、事情が分からない方には、早めにそういった旨の連絡をすれると理解してもらいやすくなります。葬儀会社に相談すると、事務的な各種連絡対応や予算に応じたプランを立ててくれます。

故人が介護を必要とされた場合には、家族葬など葬儀費用を抑えることを考える方がいるのが実情です。それぞれに合った葬儀の種類を選択し、悔いの残らない最期のお別れをしましょう。故人が自身の葬儀に際し、希望していることがあるのであれば、できる限り対応してあげましょう。