家族葬が選ばれる理由

近年家族葬が選ばれる理由について

近年家族葬が選ばれる理由について 近年は少子高齢化社会といわれており、年々65歳以上の高齢者の方が増えており、今後もその割合が増える見込みです。また、平均寿命も80歳を超えている時代ですから、葬儀をするにあたっては、高齢者の割合が高いです。その上、その年齢となれば、職場を含めても人とのお付き合いが少なくなり、介護を必要とされる方となれば、外出するにも困難な状況が見込まれます。

それにより、もし高齢の方が亡くなった場合は、葬儀に参列する方は、親族以外には少なくなることが想定されます。これは近年、家族葬という葬儀形態が増えている要因の一つともいえるでしょう。

また、お葬式に対しての社会的なとらえ方が年々変わってきていることも挙げられます。いくつか紹介しますと、故人との最期の過ごし方がその一つです。一般葬になれば、参列者への対応や受付、葬儀、法要を終えてからも、香典返しなどの事務的な手続きが必要です。故人とゆっくりとした時間を過ごしたいと考える方には、家族葬が適しています。

故人が生前、葬儀に対してこだわりを持っていたということも、家族葬が増えている要因の一つと言えます。宗教にとらわれることなく行えますが、ひいては宗教に対する希薄化が、近年では少し懸念されるところです。

葬儀会社も、家族葬のプランを各種揃えていますが、盛大に行う必要が無いと考える方も増えています。もちろん、故人が亡くなる前に、介護や入院にかなりの費用がかかったなど、家族の事情もあるでしょう。それらを踏まえても、一律の費用形態は求めないで、各種コンテンツにおいての費用を明確にしたいと考える方も増えています。葬儀会社のオプションサービスの充実はもちろん、各種メディアでも葬儀費用に関する紹介が増えてきています。それに伴い、消費者側が情報を仕入れて、費用を抑えられるところは抑えたいと考えるのでしょう。また、参列される方が高齢の方が多いと、費用面だけではなく体力面でも負担が大きくなります。そのため、自ずと参列される方の割合が下がり、家族葬が適していると判断するケースが増えています。

故人が高齢の場合では、参列される方の多くも高齢者となりますから、各種負担を考慮し、家族葬を選ばれるのは、時代の流れの一つです。家族葬に対する情報も多くなっていますので、それに惑わされず、ライフスタイルに合わせての葬儀を選ぶことがおすすめです。一人ひとりに合った葬儀の仕方を考えるよいきっかけとなれば幸いです。

最新記事